洗顔の大切さを認識しよう。  | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

洗顔の大切さを認識しよう。 

最近寒くなってきました。肌が乾燥する季節です。自分はもうすねの辺りが乾燥して痒いです。(笑)
コロナ禍において、マスクによるアトピーの悪化やニキビの悪化に悩まされる方は相変わらず多いです。
そんな中、洗顔の仕方に悩んでいる人がとても多い印象を受けます。
・・・・・・・・・・
洗顔とは一言でいえば、顔の汚れを落とす行為です。
一日生活をしていると、外気に露出している顔には、様々なホコリ、花粉、化学物質などが付着します。
さらに、古くなった角質、己の分泌した皮脂、皮脂と絡んだ汚れ、ファンデーションなどが皮膚表面を覆っています。
これらを洗顔しないで放置するとどうなるか?想像すればわかりますね。
さてこれらの汚れをどう落とすかです。
表面的に付着したホコリや花粉、化学物質、古い角質などは、水洗いだけでもある程度落とせます。
しかし、油分である皮脂とそれと絡んで付着した汚れなどは水洗いだけでは落とせません。
水と油は反発しあうので、界面活性剤の力を借りて油汚れを落とさなくてはなりません。
それには、やはり石鹸や洗顔剤が必要なのです。またファンデーションはクレンジング剤を使わないと落ちません。
女性の場合は、クレンジングをして、さらに洗顔をする必要があります。
・・・・・・・・・・
で、これで万事解決といかない現実があります。
洗顔の重要性はご理解いただけたと思いますが、肌には個性があります。つまり乾燥肌の人と脂性肌の人がいます。
また、季節によって湿度が変わり、皮脂の量も変わります。夏は皮脂が多く、冬は少ない傾向があります。
さらに体調によって(疲れやストレスなど)皮脂分泌が左右されます。
つまり肌の状態によって洗顔の仕方を臨機応変に変える必要があるのです。
・・・・・・・・・・
キーワードは、「乾燥させない」です。
まずは洗い方です。洗顔後乾燥が気になる場合、化粧水や乳液などで保湿をしっかり行います。そして次の洗顔では、軽めの洗顔に留めることです。特に冬期間は、空気も乾燥し肌も乾燥しやすくなります。また皮脂を必要以上に落とさないために、ぬるま湯や水での洗顔を行うのが得策です。熱いお湯は皮脂を落とし過ぎてしまいます。元来乾燥肌の人は特に乾燥に気を付ける必要があります。
また、寝不足、疲れ、ストレスなどは、皮脂分泌を増やしてしまいます。こんな時は、特に皮脂の多い夏は特に、しっかり洗顔する必要があります。乳液やクリームなど油分の多い基礎化粧品は控えた方が良さそうです。しかしながら、洗い過ぎによる乾燥を避ける配慮も必要です。
またバランスの良い食事も大切です。緑黄色野菜の不足は肌の乾燥をもたらし、皮脂分泌の調整を妨げます。
・・・・・・・・・・
このように洗顔はスキンケアの基本なのです。
・・・・・・・・・・
<07/10/2020 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>