コロナの陰でシラカバ花粉症皮膚炎が密かに流行中。 (皮膚科情報) | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

コロナの陰でシラカバ花粉症皮膚炎が密かに流行中。 (皮膚科情報)

テレビの報道系の番組では、相変わらずコロナ一色です。
我が北海道特に札幌では全国的にも目立って増加してます。この状況とても危惧しています。
そんなコロナ禍の一方で、実はかなりのシラカバ花粉症による皮膚炎の方が来院されています。
目の周りが赤くなってむくんで痒い。目も痒い。鼻も調子悪い。
先月下旬あたりから増えて来てます。
今年は道立衛生研究所の報告では、シラカバ花粉の飛散量が例年よりかなり多いようです。
ハンノキ花粉はほぼ4月中に収束したようですが、シラカバ花粉は5月に入って一気に駆け上がってます。

コロナに気を取られているうちに花粉症皮膚炎の季節になっていました。
シラカバアレルギーのある方はご注意ください。
・・・・・・・・・・
<07/05/2020 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>