あらためてバターって美味しいと思う。 | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

あらためてバターって美味しいと思う。

ずーっとテレビも新聞もネットもコロナコロナですね。
気分のすぐれない毎日ですが、少しばかりの楽しみは美味しいものを食べることでしょうか。
最近、美味しいバターにはまってます。
バター醤油ご飯。きわめてシンプルです。
茶碗に入った熱々のご飯の真ん中にバターをのせて、その上から醤油をかける。箸で少しづつバターごとご飯をかき混ぜながらいただく。
たまりません。
あらためてバターって美味しいと思います。
・・・・・・・・・・
で、あまりバターについて考えたことがなかったのですが、いろいろバターについて調べてみました。
あまり気にしたことなかったのですが、どうやってバターを作るのか。
分かりやすく言えば「牛乳の美味しい乳脂肪だけを取り出したもの」と言えます。
・・・・・・・・・・
牛乳を遠心分離して生クリームと無脂肪牛乳に分けます。生クリーム部分を激しく撹拌すると乳脂肪が集まり大きなバター粒が出現し、それを練り上げたものがバターとなります。
・・・・・・・・・・
市販の一箱分(200g)のバターを作るのに、4.2リットルの牛乳が必要となるらしいです。
それだけに、手間もかかるし利益も少ないようです。
去年のNHKの朝ドラ「なつぞら」で、草刈正雄演ずるじいちゃんが木製の樽を回して苦労してバター作っていたのを思い出しました。

・・・・・・・・・・
<21/05/2020 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>