乾燥肌に「弱酸性洗顔料」の選択肢。でも注意点あり。 (皮膚科情報) | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

乾燥肌に「弱酸性洗顔料」の選択肢。でも注意点あり。 (皮膚科情報)

肌の表面は弱酸性に保たれています。何故か?
肌からは皮脂が分泌されています。皮脂は肌を守るために分泌されているのです。
この皮脂を、肌に存在する常在菌(主に表皮ブドウ球菌)が分解し、弱酸性の脂肪酸を生成するのです。
このため、肌の表面は弱酸性に保たれています。
肌の表面が弱酸性であるおかげで、有害な細菌(黄色ブドウ球菌など)の繁殖を抑え私たちを守っているのです。
・・・・・・・・・・
洗顔し肌の汚れを落とすことは大切なことです。洗顔には石鹸の使用が基本です。しかしながら石鹸はアルカリ性なので、肌の汚れ、特に油汚れをきっちり落としてくれるだけならいいのですが、肌の皮脂を落とし過ぎてしまう欠点もあるのです。結果的にお肌が乾燥して荒れてしまう傾向があります。特に元来乾燥肌の人やアトピー性皮膚炎の人はその傾向が強く、過度に乾燥を引き起こしたり皮膚炎を起こしたり悪化させたりしてしまいます。
・・・・・・・・・・
洗顔料として皮脂を過度に落とし過ぎない「弱酸性洗顔料」の選択肢があります。肌と同じ弱酸性なので肌に優しいという考えです。特に乾燥肌やアトピー性皮膚炎の人には推奨されます。
しかし、肌と同じ弱酸性ゆえに、洗浄力が低く泡立ちが悪いという欠点があります。そこで洗浄力を上げるために弱酸性洗顔料には化学物質である合成界面活性剤を加えているのです。この合成界面活性剤が時に肌荒れや皮膚炎の原因になることがあるので注意が必要です。最近は比較的刺激の少ない合成界面活性剤が使われているようです。
・・・・・・・・・・
ちまたでは、やれ石鹸は肌荒れの原因だの、やれ弱酸性洗顔料の合成界面活性剤が悪玉だの、極論がはびこっています。それぞれに一長一短あるので上手く使えばいいだけだと思います。例えば、毎日の肌の状態を把握するのはとても重要なことで、それは季節にもよりますし、健康状態にもよります。肌荒れが気になるときは弱酸性洗顔材を、疲れたりストレスなどでオイリーに傾いたときは石鹸を、気温が低く乾燥する冬は主に弱酸性洗顔料を、皮脂が多くテカったり化粧崩れしやすい夏は主に石鹸を、のように。
・・・・・・・・・・
<10/11/2019 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>