医薬部外品って何? スキンケア用品との付き合い方。 (皮膚科情報) | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

医薬部外品って何? スキンケア用品との付き合い方。 (皮膚科情報)

一般的なスキンケア用品は薬事法により「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」に分類されます。
「化粧品」と「医薬品」の中間に位置するのが「医薬部外品」です。なんとなく安全で効果的なもの、とイメージしている人が多い印象があります。
本当にそうなのでしょうか?これらの違いをおさらいしてみました。
・・・・・・・・・・
化粧品」とは「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、または皮膚や毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布などの方法で使用されることが目的とされているもので、人体に対する作用が緩和なものをいう」とされています。
医薬品」は「日本薬局方(医薬品に関する品質規格書)に収められているもので、人または動物の疾病の診断、治療または予防に使用されることが目的とされているもの」とされています。
その中間に位置するのが「医薬部外品」なので、化粧品の手軽さと効果的な医薬品のいいとこどり、と思われがちです。
医薬部外品」とは、「厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合され、治療というよりは防止・衛生を目的に作られているもの」です。
・・・・・・・・・・
例えば、通常の「化粧品」であれば「ニキビを予防します」とか「美白効果かあります」とは謳えませんが、厚生労働省が認可した有効成分を配合してある「医薬部外品」であれば、「肌荒れの改善」「ニキビを防ぐ」「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」「皮膚の殺菌」「美白効果」などと記載できます。また「薬用」とは「医薬部外品」で認められている表示ですので「薬用=医薬部外品」となります。
・・・・・・・・・・
さて「医薬部外品」は安心して使用できるのでしょうか?そしてテレビなどのメディアがアピールするような効果はあるのでしょうか?
医薬品」には、ご存知の通り副作用があります。有効成分が誰にでも有効とは限らず、時にかぶれ、アレルギー症状などが現れることがあるのです。「医薬部外品」にはこれら有効成分が「医薬品」ほどではないですが一定濃度で配合されている以上、副作用がないとは言えません。安全という観点だけからいえば、「化粧品」の方が間違いなく安全です。
メーカー側は、「医薬部外品」の効果を結構大げさにアピールする傾向がありますが、実際はそれほどの効果は期待できないのが実情です。何故なら「医薬品」ほどの有効成分は入っていないからです。シミが消える、ニキビが解決する、などと過度な期待はやめて、あくまでも予防の域にとどまると考えた方が良いでしょう。
・・・・・・・・・・
<31/10/2019 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>