皮膚の老化はいかにして起こるか。防ぐ手立てはあるのか? (皮膚科情報) | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

皮膚の老化はいかにして起こるか。防ぐ手立てはあるのか? (皮膚科情報)

人体最大の臓器である皮膚は他の臓器と同様に年齢とともに老化します。シミ・しわ・たるみといった状態がまさにそれにあたります。
・・・・・・・・・・
皮膚老化には、内因性老化と外因性老化があります。
内因性老化は、まさに年齢によるものです。
外因性老化は、環境因子からくるもので、紫外線、タバコ喫煙、大気汚染、過度なストレス、などが原因となります。最近の研究では赤外線も関わっていることが分かっています。
皮膚の老化の特徴は、表皮の粗造(表皮の厚さが均一でなく、きめが粗い状態)、乾燥、シミ、くすみ、しわ、たるみ、などです。
皮膚の内因性老化は主に非露光部(衣服などで覆われ日光の当たらないところ)に見られ、外因性老化は露光部(日光が常にあたる部分、顔・首・腕や手など)における光老化が主体となっています。かつては皮膚の外因性老化とは光老化のことでしたが、喫煙や大気汚染なども皮膚の老化の一因になっていることが明らかになり、光老化は外因性老化の一つとなりました。
しかしながら内因性老化と外因性老化は別次元では語ることができず、内因性老化を受けた皮膚の上に外因性老化が加わることになります。
・・・・・・・・・・
光老化とは、主に紫外線に暴露されることにより、表皮や真皮の細胞のDNAや活性酸素による酸化ストレスなどによって損傷を受け起こります。
紫外線に暴露された表皮は、非露光部の皮膚に比べて厚さが薬2倍になり、さらなる暴露により最終的には表皮の菲薄化に至ります(表皮の粗造)。また紫外線による損傷を受けた表皮ではメラノサイト(色素細胞)が増え、メラニン色素の蓄積から皮膚が黒化します(シミ、くすみ)。皮膚の弾力を保つ真皮内のコラーゲン線維やエラスティック線維は、紫外線の影響により線維の断裂や配列の乱れが起きます(たるみ、しわ)。
また忘れてはいけないのは、紫外線を長期に繰り返し浴び続けると、皮膚がんの発生のリスクが高くなります。
・・・・・・・・・・
これら皮膚の老化を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。
内因性老化、いわゆる年齢による老化は個人差があり、今のところ防ぐ手立てはありません。あえて言えば、健康的な生活を続けていくしかありません。
外因性老化は、その原因の可能な限りの除去です。皮膚の老化の約9割は光老化ですので、紫外線対策につきます。いわゆるサンスクリーン剤の使用です。マウスを使った実験では、サンスクリーン剤の使用で、紫外線による真皮組織の破壊が防げること、さらには皮膚の黄ばみの増加、角質水分の低下、皮膚の厚みの増加、弾力性の低下なども防ぐことができることが報告されています。人に関しても、手の甲(手背)にサンスクリーン剤を4年半の間塗布する試験を行い、55歳以下の被検者を対象として解析した結果、手背のシワの発生が防げるという結果が出ています(オーストラリアでの試験)。
その他、喫煙も皮膚の老化を早めることが分かっています。禁煙も老化対策と言っても良いでしょう。
・・・・・・・・・・
皮膚の老化を少しでも食い止めるには、サンスクリーン剤の使用が効果的なのは明らかな事なのです。
・・・・・・・・・・
<27/10/2019 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>