ポリフェノールとお肌の関係 その① (皮膚科情報) | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

ポリフェノールとお肌の関係 その① (皮膚科情報)

最近の健康長寿ブームで、あれこれを多く摂取するといいとかなんとか、よく耳にします。
ポリフェノールもその一つで、赤ワインに多く含まれるので、ワインをたくさん飲むフランス人は、その効果で心臓病での死亡率が低いとかなんとか。
そこで、具体的にポリフェノールに関して深く掘り下げたことがなかったので、調べてみました。
・・・・・・・・・・
ポリフェノール(polyphenol)とは、たくさんの(poly)フェノール(phenol)と言う意味で、分子内に複数のフェノール性ヒドロキシ基(ベンゼン環、ナフタレン環などの芳香環に結合したヒドロキシ基)を持つ植物成分の総称です(有機化学)。その種類は5000種に及びます。
植物の光合成によってできる色素や渋み、苦味の成分であり、本来は植物の細胞の生成や活性化を助ける働きを持つ物質です。
ポリフェノールは抗酸化作用が強く、体内で発生する有害な活性酸素を抑える効果があります。この作用のためポリフェノールには、動脈硬化を抑える、発癌抑制、抗老化作用(アンチエイジング)、成人病予防(糖尿、高血圧、肝疾患)などさまざまな効果があるとされています。
では5000種にも及ぶポリフェノールのうち、代表的にどのようなものがあるのでしょうか。
・・・・・・・・・・
大きく分けて、ポリフェノールには、”フラボノイド系”と”フェノール酸系”の2種類があります。
”フラボノイド系”は、植物の光合成によって生じた色素成分です。
代表的なフラボノイド系ポリフェノールには、カテキン(緑茶、紅茶など)、アントシアニン(ブルーベリー、ぶどうなど)、ケルセチン(玉ねぎなど)、ルチン(そばなど)、イソフラボン(大豆など)などがあります。
”フェノール酸系”は、植物の光合成によって生じた色素以外の成分(苦味、渋みなど)です。
フェノール酸系ポリフェノールには、クロロゲン酸(コーヒー豆など)、エラグ酸(イチゴ、ざくろなど)、リグナン(ゴマなど)、クルクミン(ウコンなど)、タンニン(柿、ワインなど)などがあります。
続く。。。
・・・・・・・・・・
<02/04/2018 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>