胃腸の健康はお肌の健康に通ずる (皮膚科 漢方情報) | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

胃腸の健康はお肌の健康に通ずる (皮膚科 漢方情報)

胃もたれ、胸やけ、食欲不振、胃痛、腹部膨満感、下痢、便秘と胃腸の異常を自覚している人は多くいます。
生命維持の基本として、酸素を取り入れて二酸化炭素を出す「呼吸」と、様々な食物を摂取しエネルギーを作り、生命維持に必要なアミノ酸やビタミン、ミネラルを取り込み、そして不要物を排泄する「消化吸収排泄」は必須です。
消化吸収排泄の機能を整えることが、様々な疾病の治療につながることは意外と多くあります。
・・・・・・・・・・
例えばこんな話があります。
塗り薬、ビタミン剤、漢方薬といろいろ試しても一向に良くならないニキビで悩んでいる方で、話を聞くと残業で帰宅が遅く夕食は毎晩10時過ぎ、ストレスもあってかお腹いっぱい食べて、その後は疲れて寝てしまうとの事。朝起きると胃もたれして、朝食はほとんど食べられないとの事です。
健胃効果のある漢方を処方し、出来るだけ仕事の合間に何とかちょっとした夕食を摂ってもらい、帰宅時は出来るだけ少なめに軽く食事をするようにしたら、朝食も食べられるようになり、ニキビも減ってきました。
・・・・・・・・・・
漢方用語で”脾虚”と言って「小食や食欲不振のためにエネルギー不足状態に陥り、疲れやすく息切れしやすい状態」を放置していると、体力が低下し免疫力が落ち風邪を引きやすくなります。良いことは何もありません。さらに進むと”血虚”と言って「皮膚が乾燥し張りがなくなり顔色も悪くなる皮膚の栄養不良状態」に陥ります。
このようなことにならないように日頃から胃腸機能の維持を意識することは、お肌の健康維持につながるのです。