イチゴを食べると口が痒くなる ”花粉ー食物アレルギー症候群”について (皮膚科情報) | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

イチゴを食べると口が痒くなる ”花粉ー食物アレルギー症候群”について (皮膚科情報)

イチゴやリンゴ、モモ、ナシなどを食べると口の周りや口腔内が痒くなる方がいます。
これは花粉症に伴う、花粉と食物との交差反応により起こる”花粉ー食物アレルギー症候群”です。
・・・・・・・・・・
これまで食物アレルギーは、主に小児に見られ小児の消化管の未熟性や脆弱性による消化管からの感作(アレルギーが成立すること)が主な原因、と考えられていました。近年は、それだけではなく、アトピー性皮膚炎などの角層バリア異常に伴う経皮(皮膚から)感作による発症が注目されています。数年前に問題となった加水分解小麦を含む某洗顔石鹸による小麦アレルギーの大規模発症が記憶に新しいところです。
・・・・・・・・・・
花粉ー食物アレルギー症候群は、シラカバやハンノキなどの花粉により経気道的(のどや鼻腔・気管から)に感作が成立し、交差抗原性(アレルギーの原因となる抗原が分子レベルで似ている)を持つ果物や野菜、ナッツ類などの摂取が原因となり発症します。
北海道でなじみの多いシラカバやハンノキの花粉症を持っている方が、”バラ科のイチゴ、リンゴ、モモ、ナシ、サクランボなど”、”ウリ科のメロン、スイカなど”、”ヘーゼルナッツ、アーモンドなどのナッツ類”を食べると、口唇、舌、咽頭などが急激に痒くなったり、蕁麻疹様の浮腫が起こりやすい(即時型アレルギー)のはこのためです。
場合によっては呼吸困難など重症になる場合もあるので注意が必要です。
・・・・・・・・・・
予防は、可能な限り摂取しないことです。しかしながら加熱処理加工した食品であれば摂取可能な場合もあります。
思い当たる方はご注意願います。
これらアレルギー症状が起きてしまった場合は、速やかに医療機関への受診をお勧めします。