チョコレートとお肌の関係 (皮膚科情報) | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

チョコレートとお肌の関係 (皮膚科情報)

自分は甘いものが好きです。先日も某百貨店のチョコレートフェアに行き、フランスとスペインのチョコを買ってきました。あまり多くの量は食べられませんが、口にするとホッとします。
チョコレートとお肌の関係について考えてみました。
・・・・・・・・・・
<利点>
チョコレートの主成分であるカカオバターの主成分はオレイン酸で、悪玉コレステロールを減らす、便秘の解消につながるなどのメリットがあります。
チョコレートの原料であるカカオはにはポリフェノールが含まれています。これによる抗酸化作用でアンチエイジング効果が期待でき、生活習慣病予防につながります。血圧を安定化させ血液をサラサラにするなど循環器系に作用します。またアトピー性皮膚炎などアレルギー症状を抑える効果もあります。ストレスの抑制効果もあるようです。
・・・・・・・・・・
<欠点>
チョコレートのカカオにはチラミンが含まれ、これにアレルギー反応を起こしアレルギー症状が悪化する場合があります。チラミンは血管を収縮させる効果があり、摂取後しばらくして作用が薄れると反動で血管が急速に拡張し、頭痛や蕁麻疹の原因となることもあります。
チョコレートにはヒスタミン類似物質が含まれ、時にアトピー性皮膚炎などアレルギー症状を悪化させることがあります。
・・・・・・・・・・
どうやら比較的チョコレートは健康に良いようです。健康に良いということはお肌にも良いと思って結構です。しかし、アレルギー体質の方にとっては利点欠点両面があり悩むところです。
一方で、糖分を多くとると腸内のカンジタ菌が増えアレルギー症状が悪化すると言われています。食べ過ぎは良くありません。