vol.54 化粧品の基礎知識(基礎化粧品・その⑤) | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

knowledge
お肌の基礎知識

vol.54 化粧品の基礎知識(基礎化粧品・その⑤)

美容液を使いこなそう

美容液ってそもそも何?

「こういうものが美容液」といった定義は特にありません。保湿成分や美白成分など肌にとっての有効成分が豊富に含まれるものを美容液と言います。ですから、ジェル状のもの、クリームに近いもの、化粧水のように水っぽいものなどメーカーによって様々なタイプのものが存在します。
しかしながら大別すると、保湿美容液、美白美容液、アンチエイジング美容液に分けられます。自分の目的に応じて必要なものを選択するのが大切です。

  • 1.保湿美容液
    セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が多く含まれています(基礎化粧品・その③参照)。肌の水分さらに化粧水で補った水分を保持し潤いを維持します。
  • 2.美白美容液
    ビタミンC誘導体、アルブチン、ルシノール、エラグ酸など美白成分を含みます。メラニン色素が作られる過程を阻害することで美白効果を発揮します。
  • 3.アンチエイジング美容液
    コエンザイムQ10やビタミンC誘導体などの抗酸化物質、レチノール、ナイアシンなどを配合したものです。紫外線による光老化や活性酸素による老化を防いだり肌の弾力を維持する繊維芽細胞に働きかけたりします。

上手な美容液の使い方

適量を手のひらに取り、手のひらで押さえるように顔全体になじませるように塗るのが基本です。目の周りや頬は顔の中心から外側へ、下あご部分は下から持ち上げるように、こすらない程度に軽くマッサージする感覚で塗るのが効果的です。
しかしながら油分の多い美容液の場合、脂性肌の人はTゾーンには控えめに塗るのが安心です。
2種類以上の美容液を使用する際は、油分の少ないものから使用しましょう。