コロナ禍で「酒さ」増えてる? | 札幌中央区皮膚科 宮の森スキンケア診療室 | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

コロナ禍で「酒さ」増えてる? 

たまたまなのか、コロナ禍と関係があるのか、正確にはわかりませんが、最近「酒さ」で来院される方が多い印象があります。
・・・・・・・・・・
「酒さ」とは、主に脂漏部位(口の周りから頬にかけて、時に眉間も)が赤くなり、毛孔に丘疹が見られる慢性炎症を伴う皮膚疾患です。
脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、ニキビなどと鑑別が難しいことがあります。

・・・・・・・・・・
赤みは毛細血管拡張からくるものです。丘疹はアクネ菌やデモデクス(顔の毛穴に存在するダニの一種)との関係が指摘されていますが、はっきりしません。
原因は色々考えられていますが、不明なことが多いのが現実です。
遺伝的なもの、環境など複雑に絡んでいるといわれています。
原因として、悪化因子として、
アルコールやカフェイン、辛いものなどの刺激物、
寒暖差や日光、
更年期などホルモンバランス、
精神的ストレス、
などが挙げられます。
このうちストレスが意外と大きく関係している印象が強いです。
コロナ禍は大きなストレスです。
・・・・・・・・・・
<27/01/2020 札幌市 中央区 宮の森スキンケア診療室>