「しもやけ」に注意。 | 札幌中央区皮膚科 宮の森スキンケア診療室 | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

「しもやけ」に注意。

今年は例年になく寒いです。最近ずっと真冬日(最高気温が氷点下)が続いています。
そのためか「手や足の指先が赤くなって腫れている」と訴えて来院される方が大変多いです。
診察するとしもやけであることが多いです。しもやけは凍瘡(とうそう)とも言います。
しかしながらほとんどの方が、しもやけだと自覚していないようです。
しもやけであることを伝えると、えっ?と意外な表情をします。
断熱効果の高い家やマンション、防寒性能の高い靴(日常の靴、スキー靴、登山靴)の一般化、などで最近はしもやけで来院する方は減りました。
しもやけを知らない世代が増えたのでしょうか。
でも今年のように寒波が居座り、真冬日が続くとさすがに防ぎきれないようです。
・・・・・・・・・・
何故しもやけは起こるのか?
寒冷刺激を受けると体温を維持するために、手や足の指先など抹消の毛細血管が収縮します。すると血液の循環が悪くなり手や足先がさらに冷たくなります。一転して体が温まると血管が拡張し一気に血液が抹消に流れ込み、赤くむくんで痛くなったり痒くなったりします。これがしもやけです。ひどくなると血行が悪くなった部分が損傷しいわゆる凍傷になります。最悪組織が壊死することもあります。
ひどくなる前に治療が必要です。
・・・・・・・・・・
しもやけは予防が大事です。
とにかく冷やさない事。特に元来冷え性の方はなおさらです。
手袋の着用、温かい靴下、防寒靴の使用、使い捨てカイロの使用などで工夫しましょう。
また足が蒸れやすい方は要注意です。汗の蒸散に伴ってさらに熱を奪うため、余計に冷えます。
糖尿病や閉塞性動脈硬化症などの持病のある方は、しもやけが悪化しやすいので特に注意が必要です。
・・・・・・・・・・
しばらくは寒い日が続くようです。
コロナだけでなくこちらもお忘れなく。
・・・・・・・・・・
<07/01/2020 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>