「ニキビ地図」のまやかし | 札幌中央区皮膚科 宮の森スキンケア診療室 | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

「ニキビ地図」のまやかし

「ニキビが顔のどこに出るかで、体のどこに不調があるかがわかる」という”ニキビ地図”なるものが世に(特にネット)に出回っているようです。
例えば、
額のニキビは「○○の機能低下」
鼻に出るニキビは「○、☓の機能低下」
右の頬のニキビは「△の機能低下」
目の下・左の頬のニキビは「○△の機能低下」
口の周りのニキビは「☓☓の機能低下」
というように。
これ根拠がありませんのでご注意ください。
ニキビの出る場所でその原因がわかるなんてことは基本的にありません。
あえて言えば、思春期のニキビ(小学生高学年~中学生のニキビ)はまず額に出ます。年齢とともに(高校生~大人)ニキビの出る場所が頬、あご、いわゆるフェースラインに下がって行きます。原因はいろいろ言われていますが、額から鼻にかけての皮脂分泌の多いTゾーンから始まり、年齢とともに疲れ・ストレス・ホルモンバランス・お化粧などの影響を受けて出現する場所が多様化してくると説明するのが現実的かと思います。
いずれにしても、ニキビがどこに出るかで体の悪い場所かわかる、とか、特定の臓器が悪いからどこそこにニキビが出る、といった話はほとんど根拠がないのでご注意ください。
・・・・・・・・・・
<21/12/2020 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>