1日ワイン1杯程度でもがんリスク5%増に。えっ?まじっすか? | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

1日ワイン1杯程度でもがんリスク5%増に。えっ?まじっすか?

今まで、少量のお酒は健康に良い、というのが通説だったと思います。とくに赤ワインのポリフェノールは、抗酸化作用により動脈硬化を予防し循環器系の病気のリスクを下げているのでは、と言われています。
と、ところが、「1日ワイン1杯程度の少量のアルコールでも10年間飲酒を続けると、がんになるリスクが5%上がる」との研究結果を東京大などのチームが9日、米医学誌に発表しました。疫学的研究ではありますが、聞き捨てならない話です。
お酒を援護するわけではありませんが、発がんリスクが5%上がるとは言え、お酒によるリラックス効果やストレス解消効果、含まれるポリフェノールの抗酸化作用など、健康面に良い影響はあると思うのですが。
晩酌の口実「多少の酒は体に良い」は使えなくなりましたね。残念。
・・・・・・・・・・
<10/12/2019 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>