”有酸素運動で美白”の時代到来か?筋肉が作る蛋白「マイオネクチン」と美白の関係。 (皮膚科情報) | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

”有酸素運動で美白”の時代到来か?筋肉が作る蛋白「マイオネクチン」と美白の関係。 (皮膚科情報)

有酸素運動で美白。そんな時代が来るかもしれません。
ポーラ化成工業株式会社が、昨年9月に「美と筋肉 ~筋肉に秘められた美肌作用~」との論文を発表しました。
・・・・・・・・・・
最新のゲノム研究(GWAS)により、シミができない体質の人は、生まれつき筋肉の性質が異なる可能性があること、また、体重あたりの体幹と下半身の総筋肉量が多い人ほど、顔のシミが少ないという事実を明らかにしました。
また、血液成分の解析と培養皮膚細胞を用いた検証を行ったところ、筋肉で作られる「マイオネクチン」という物質が血液成分として皮膚に運ばれ、シミのもとであるメラニンの生成を抑えていることが示唆されました。ヒトは自らの筋肉でシミ抑制物質を作り出していることになります。
以上のことより、筋肉は様々な美肌作用を秘めている可能性があるとのことです。

・・・・・・・・・・
このマイオネクチンとは、骨格筋から分泌される蛋白で、持久力を高めるウォーキングなどの有酸素運動によって増えます。
皮膚とは異なる研究ですが、マイオネクチンは心筋の抗細胞死作用と抗炎症作用があり、心保護作用があることが分かっています。心筋梗塞の予防や回復に一役買う可能性が示唆されています。
・・・・・・・・・・
運動による健康の維持とお肌の健康の維持が、同じ次元で考えることができるのは大いに結構な事かと思います。
・・・・・・・・・・
<26/05/2019 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>