卵のサイズ、SでもLLでも、黄身の大きさはほぼ同じだって知ってました? | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

卵のサイズ、SでもLLでも、黄身の大きさはほぼ同じだって知ってました?

売ってる卵に、S・M・L・LLなどとサイズ表記があります。
自分は今まで卵の大きさに比例するように黄身の大きさも違う、と思っていましたが、実はサイズに関係なく黄身の大きさはほぼ同じなのですね。
恥ずかしながら今まで知りませんでした。
また小さい卵を産む鶏(ニワトリ)と大きい卵を産む鶏がいるわけでもないようですね。
卵の大きさの差は、鶏の月齢によって生じるようです。
鶏は月齢を経て行くと体格は変わらなくても、卵管が徐々に太くなって産む卵も大きくなるそうです。
でも黄身の大きさはどんな卵もほぼ同じ。
大きいサイズの卵の価格が高いのは、白身の量の違いだけといっていいようです。
でもこの事実を逆手にとって利用すれば卵の有効利用が可能です。
例えば、白身がメインの茶わん蒸しなどは白身の多い大きい卵を使い、黄身がメインとなる卵かけご飯は小さいサイズの卵を使うといいみたいです。

・・・・・・・・・・
<12/05/2019 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>