» 「三元豚」って何の事か知ってました? | 札幌中央区の皮膚科 宮の森スキンケア診療室

診療時間
アクセス
電話番号
札幌中央区皮膚科宮の森スキンケア診療室

「三元豚」って何の事か知ってました?

恥ずかしながら自分は「三元豚」の意味を知りませんでした。
スーパーに行けば三元豚の表示をよく目にします。
あまり気にしてなかったのですが、なんだろう?と疑問に思い始めました。で、調べてみました。
・・・・・・・・・・
「三元豚」とは、豚の銘柄名でも品種名でもありません。
3種の純血種の豚を掛け合わせて生産された豚の総称のことで、三元交配豚とも言われるようです。
交配の目的は、雑種強勢効果(両親の交配により、どちらよりも優良形質な雑種を生み出すこと)を利用して、高いレベルで、繁殖性、産肉性、肉質等のバランスをとるためです。
最もポピュラーな三元豚は、「LWD」
L:ランドレース種:繁殖に優れている。
W:大ヨークシャー種:赤身と脂身のバランスが良い。
D:デュロック種:肉にサシ(網目状の脂肪)が入り、霜降り状になる。
これらのいいとこ取りをしたのがLWDです。
その他、山形県の某牧場では、LD(ランドレース腫とデュロック種)とバークシャー腫(黒豚の一種で肉質の「きめ」が細かく食味が良い)との三元豚や金華豚(中国原産の幻の豚と言われている)を使ったプレミアムな三元豚などが生産されているようです。
日本で最も多く流通するのは三元豚です。
かつては四元豚や五元豚もあったそうですが、三元豚が盤石だったようです。
ランドレース種
大ヨークシャー種
デュロック種
・・・・・・・・・・
なるほど。勉強させていただきました。
・・・・・・・・・・
<16/01/2019 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>

ページトップ

Copyright © 札幌中央区皮膚科 | 宮の森スキンケア診療室