今年も虫の季節がやって来ました。ご注意願います。 (皮膚科情報) | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

今年も虫の季節がやって来ました。ご注意願います。 (皮膚科情報)

一年が経つのは早いです。今年もこの季節がやって来ました。
・・・・・・・・・・
まずは、マダニです。山菜取り、レジャーで山や湖に。知らないうちに体に食いついています。山菜取りに行かなくても、家族が山へ行き山菜と一緒にマダニを家に持ち帰って被害に遭う人もいます。
露出しているところだけでなく、服の中に入り込み腋の下などに食いついていることがあります。
大切なのは、慌てて無理にむしろうとせず、そのまま医療機関を受診することです。無理にむしり取るとマダニの一部が皮膚内に残り、感染症の原因となることがあるのです。
・・・・・・・・・・
次は、ドクガの幼虫(毛虫)です。毎年この時期になるとチャドクガの幼虫(毛虫)が発生します。公園や畑で毛虫を見かけたら近寄らないことです。体に触れれば毛虫の毛(毒針毛)が皮膚に刺さり皮膚炎を起こします(ドクガ皮膚炎)。注意しなければならないのは、風で毛が飛ばされ、直接触れなくても近寄っただけで被害に遭うことがあることです。強い痒みを生じます。体質にもよりますが、治るのに1~2週間かかることがあります。
・・・・・・・・・・
そしてヌカカです。吸血昆虫と言えば蚊とブユですが、ヌカカを忘れてはいけません。体調1~2ミリの小さなアブの仲間です。一度に複数箇所刺されることが多く、気が付いたらあちこちが腫れて痒くなっています。しっかり治療しないと慢性の痒疹としていつまでも残ることがあります。
・・・・・・・・・・
いずれも、可能な限り山や海などの行楽地に行くときは、肌の露出を避けるのが大切です。
楽しい行楽シーズン。せっかくの楽しみを台無しにしないためにも、虫にご注意ください。
虫の写真を参考に貼ろうと思いましたが、グロテスクなのでやめました。
<19/06/2016 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>