帯状疱疹に注意。  (皮膚科情報) | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

帯状疱疹に注意。  (皮膚科情報)

一年の中で帯状疱疹にかかる方が多い時期があります。
まずは8月の一番暑い時期。忙しい師走の12月。
そして年度末とされる今、まさに3月です。
3月は企業などでは年度末、決算期でもあり疲れ・ストレスの多い時期です。
こんな時、疲れ・ストレスのおかげで体の免疫能が下がります。
すると体の中でおとなしくしていた”水痘(水ぼうそう)”のウイルス(ヘルペスウイルス)が活性化し、帯状疱疹として悪さを始めるのです。
体の神経の走行に沿って帯状に、「痛みを伴うややむくんだ水泡を伴う赤い発疹(紅斑)」が出現します。
体だけでなく、顔や頭部に出現することもあります。
痛みの度合いは個人差がありますが、甘く見ていると帯状疱疹後神経痛と言って治った後も痛みが残る事態が起こるかもしれませんので、注意が必要です。
治療は、ヘルペスウイルスを抑える内服薬が中心となります。
「痛みを伴うややむくんだ水泡を伴う赤い発疹(紅斑)」の出現に気付いた人は帯状疱疹を疑ってください。
varicellazoster