ニキビ治療 | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

acne treatment
ニキビ治療

トラブルの原因をしっかりと診断し、
きれいなお肌へと導きます。

ニキビと聞くと、比較的一般的な皮膚疾患ではありますが、特に女性に多い悩みではないでしょうか?
赤いブツブツが目立ち、さらに化粧ノリが悪い、そこでニキビを隠すために厚くファンデーションを使い、それが原因でさらにニキビが悪化する…というような悪循環に陥ることがあります。

また、ニキビの発症段階により症状や症状もさまざまで、皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴からスムーズに排出されず、毛穴に詰まった状態(白ニキビ)や、毛穴に詰まった皮脂が空気中の酸素で酸化されて黒くなった状態(黒ニキビ)、毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が感染し赤く炎症を起こした状態(赤ニキビ)、さらに感染が進み膿がたまった状態(膿疱性ざ瘡)などが挙げられます。

ニキビの解決には、ニキビの性質や原因を理解したうえで、自身のお肌の状態や自分の体質を知り、そこから食生活を含めた日常生活や生活環境を把握していくことが大切となります。

about acneニキビについて

ニキビは「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と言う皮膚疾患のひとつで、10代にできる「思春期ニキビ」と、20代以降に
できる「大人ニキビ」に分類されます。思春期ニキビは主に男性ホルモンが多くなり、皮脂分泌が活発になることが主な原因で、
男女問わず程度の差こそあれ誰にでもできるものです。
一方の大人ニキビのできる理由は複雑で、突然出現するものではなく、さまざまなプロセスを経て発生します。思春期ニキビと
大人ニキビは分けて考える必要がありますが、実は似て非なるものです。

ニキビについて

causeニキビができる原因

skin careニキビ対策のスキンケア

肌質から考えるスキンケア

肌質には大きく脂性肌(オイリースキン)、中間肌、乾燥肌(ドライスキン)に分けられます。
特に脂性肌の場合は、油分の多い基礎化粧品を過剰に使用したりファンデーションを厚塗りしすぎたりすると、肌荒れを起こし、ニキビとその悪化の原因となります。乾燥肌の場合は、保湿が足りないとニキビの原因となります。肌質に応じたスキンケアが重要です。

肌質から考えるスキンケア

原因から考えるスキンケア

「思春期ニキビ」は、中学~高校生の時期に男性ホルモンが多くなり皮脂腺が発達し皮脂が増えることが原因とされますが、ニキビ跡を残さないためにも対策は必要です。過剰な皮脂と汚れを落とすための洗顔は極めて重要なスキンケアです。
「大人ニキビ」にはストレスや疲れ、睡眠不足などが深く関与しているため、これらを解決するのは簡単なことではありませんが、できる範囲でストレス解消や睡眠の確保をするべきだと考えます。
またストレスの多い時はビタミン不足に陥ることがありるため、ニキビに効果的なビタミンB2やB6を多く含む緑黄色野菜などの十分な摂取は、効果的なスキンケアとなります。

原因から考えるスキンケア

症状から考えるスキンケア

「白ニキビ」「黒ニキビ」は皮脂が毛穴に詰まって起こるため、洗顔で過剰な皮脂を洗い流すことは必要なスキンケアです。また、皮脂分泌を調整してくれるビタミンB2やB6を多く含む緑黄色野菜や青魚類の摂取、皮脂を抑える効果のあるビタミンC誘導体含有ローションの使用も効果的です。
「赤ニキビ」「膿疱性ざ瘡」は炎症を伴いアクネ菌が感染した状態なので、気にして触りすぎたり無理に潰したりするとニキビ跡を残してしまうことがあるので注意が必要です。

症状から考えるスキンケア

医療機関でのニキビの治療

正しい知識のもと、適切なスキンケアを行ってもニキビが解決できない場合は、医療機関での治療が必要です。症状に応じた外用薬を選択し、ビタミン剤や抗生物質などの内服薬を用います。
また一般的なニキビ治療の効果が乏しい場合、漢方薬による治療が効果的なことがあります。ニキビの性状、体力・体質、ホルモンバランスなどを総合的に見て、その人に合った漢方薬を処方します。

漢方治療

原因から考えるスキンケア