vol.5 ホクロ | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

knowledge
お肌の基礎知識

vol.5 ホクロ

ホクロって何?

ホクロは、正式には「母斑細胞母斑」(ぼはんさいぼうぼはん)という皮膚の腫瘍(しゅよう)の一種です。ですから、年齢ともに少しずつ大きくなり、場合によっては盛り上がってきます。ただ、基本的には良性のものですから、特に心配する必要はありません。
一般的には黒いものが多いですが、黒くならないものもあります。長い毛がホクロから伸びていたり、平らなものや盛り上がっているものなど様々です。

放っておいて大丈夫?

基本的に気にならなければ特に治療の必要はありません。ただ、中には治療したほうがよいものもあります。
例えば・・・

  • 1.盛り上がっていて、時々腫れる
    洗顔などで引っかかる、服がこすれて腫れる、など
  • 2.生まれつきの巨大なホクロ
    先天性母斑といって時に悪性化することがあります。
  • 3.手や足の裏のホクロ
    他の部位のホクロと比較した場合、悪性化する可能性が高いと言われています
  • 4.気になって仕方がない場合
    いつも気にしているのは精神衛生上よくありません
  • 5.悪性が疑われる場合
    急に大きくなってきた、形がいびつで色にむらがある、時々血が出る、など

どのように治療するのか?

  • 1.切除
    確実に取る唯一の方法です。再発も基本的にはなく安心です。しかし傷が残ります。残る傷とホクロとどちらが目立つかを考えてみるとよいでしょう。ホクロの存在する場所によっては、残る傷がほとんど目立たなくなることもあります。手術の方法や残る傷に関して、医師としっかり相談して下さい。
  • 2.レーザー治療
    小さいホクロに向いています。しかし、「確実に取る」ということにならないので注意が必要です。悪性が疑われるような場合は薦められません。「レーザーだと傷が残らない」とか、「簡単に取れる」などと誤解している人が意外と多いように思います。充分に医師と相談してください。