vol.41 活性酸素と肌の老化 | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

knowledge
お肌の基礎知識

vol.41 活性酸素と肌の老化

気になる肌の老化現象として、シミ・シワが代表的なものです。その原因はいまだに不明なことも多いのですが、紫外線と活性酸素がその大きな原因となっています。中でも活性酸素は、肌のみならず全身の臓器に悪影響を及ぼし様々な病気を引き起こします。

  • 1.活性酸素って何?

    酸素は生命の維持に欠かせないものですが、この酸素の中で構造的にきわめて不安定で毒素の強い酸素が活性酸素です。呼吸の際に摂取した酸素の中で2%程が体内でこの活性酸素に変化します。

  • 2.活性酸素はどのように発生するのか?

    呼吸の際に必然的に発生する以外に、様々な原因で活性酸素が発生します。紫外線、食品添加物、喫煙、激しい運動、ストレスなどが主な原因となります。

  • 3.活性酸素にはどんな作用が?

    殺菌作用

    強い殺菌作用を持ち、体内に侵入した細菌を排除する作用があります。ある程度の活性酸素は外敵から身を守るのに必要なのです。

    酸化作用

    その不安定な構造ゆえ自分自身(活性酸素)を安定化するために、体内の脂質やたんぱく質を酸化します。鉄は酸化されて赤くさびるわけで、体を構成する臓器も構成する細胞の脂質やたんぱく質が酸化されると、鉄がさびるように機能が衰え老化するといわれています。

  • 4.肌にはどんな影響を及ぼすのか?

    シミをつくる

    紫外線の影響で肌の細胞が活性酸素によって酸化され、メラニン色素が形成されます。通常であればこのメラニン色素はいずれ肌から排泄されます。しかしながら過剰な活性酸素は肌の細胞をさらに傷つけ、メラニン色素を排泄する機能を衰えさせます。結果としてシミとして残ってしまうのです。

    シワをつくる

    活性酸素は肌の弾力を保つたんぱく質であるコラーゲンやエラスチンを酸化してしまいます。酸化されたコラーゲンやエラスチンは変性し、弾力を保てなくなりシワとなるのです。特に紫外線によって過剰な活性酸素が発生し、このようなシワをつくる過程を促進します。

  • 5.活性酸素による肌の老化を防ぐには?

    もともと我々の体には、活性酸素を除去する抗酸化物質(スカべンジャー)を持っています。 これはS○D(スーパーオキシドディムスターゼ)と呼ばれる酵素です。しかし、過剰に発生した活性酸素をすべて分解してくれるわけではありません。また40才を過ぎると体に備わっているSODがどんどん減少していきます。活性酸素による肌の老化を防ぐには、
    ア)過剰な活性酸素を発生させないこと
    イ)体外から抗酸化物質を取り入れること
    が重要になります。

    過剰な活性酸素を発生させない

    肌における活性酸素発生の最大の原因である紫外線から肌を守ることです(お肌の基礎知識 メモNo.29参照)。タバコを吸わないこと、十分な睡眠と適度な運動でストレスや疲労を解消することも大切です。

    体外から抗酸化物質を取り入れる

    ビタミンA・C・E(お肌の基礎知識 メモNo.7参照)、ベータカロチン(お肌の基礎知識 メモNo.31参照)などの十分な摂取が必要です。最近では、ウコンや緑茶に含まれるカテキンが抗酸化物質として注目されています。ビタミンC誘導体の外用も有効です(お肌の基礎知識 メモNo.21参照)。