アレルギーの季節の到来。ハンノキの花粉がすでに札幌で観測されています。 | 札幌中央区皮膚科 宮の森スキンケア診療室 | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

アレルギーの季節の到来。ハンノキの花粉がすでに札幌で観測されています。 

もうすぐ4月です。3月中旬あたりから”目の周りの痒みと紅班、まぶたの浮腫み”を訴え来院される方が増えてきています。アレルギー性皮膚炎と思われます。敏感な人は、まだ雪深い3月でも早々にアレルギー症状が出てきます。
北海道立衛生研究所は、3月に入りハンノキとスギの花粉が観測されたことを報告しています。
おそらくこの時期にアレルギー性皮膚炎の症状を訴える方は、ハンノキが原因となっている可能性が高いと思われます。

また北海道神宮にはスギもあるため周囲特に円山や宮の森地区ではスギ花粉にも注意が必要です。北海道生まれの人でスギ花粉症の人は少ないですが、道外から転居してきた人でスギ花粉症の人は要注意です。
雪解けが進み、日差しも春めいてきました。気持ち的にも春の到来を感じ、ついついウキウキしてしまいます。しかし同時に、アレルギーの季節の到来でもあります。
顔と首回り、特に目の周りが赤く痒く、瞼が浮腫む人はアレルギー性皮膚炎の可能性が高いです。
今年はコロナ禍でマスクをしている時間が長いためか、口の周りは症状が軽く目の周りに症状が集中している印象があります。
炎症を抑える外用薬と抗アレルギー薬の内服で治療します。
症状の軽いうちに近医を受診するなど対処するのが得策です。

・・・・・・・・・・
<29/03/2021 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>