乾燥肌のどこがいけない? その① | 札幌中央区皮膚科 宮の森スキンケア診療室 | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

乾燥肌のどこがいけない? その①

突然寒くなりました。昨日より真冬日で、しばらく続くようです。
さすがに一気に乾燥が進み、肌が乾燥して痒いです。
で、乾燥肌がよく話題にあがる昨今です。保湿をしましょう、肌の乾燥を防ぎましょう、と言われますが、乾燥肌のどこがいけないのでしょうか。
・・・・・・・・・・
肌が乾燥すると、、、
①表皮のバリア機能が低下しアレルゲンなどが侵入しやすくなります。
・・・アトピー性皮膚炎の悪化や痒みの増強をもたらします。
②バリア機能低下に伴い皮膚からの水分の蒸散が増加し角層内水分量が低下します。
・・・さらに乾燥が進み悪循環に。
③遊離アミノ酸や尿素などの天然保湿因子(NMF)が失われます。
・・・これもさらに乾燥が進む原因となり悪循環に。
④肌理(きめ)が乱れ、小じわの原因になります。
・・・放置すると深いしわに。老化を助長します。
⑤角層剥離酵素の活性が低下し、角層の剥離が停滞し角層が肥厚します。
・・・これにより肌の透明感が減りくすんだ色になり、滑らかさが失われ柔軟性の低下したゴワゴワ肌になります。
続く。
・・・・・・・・・・
<15/12/2020 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>