» 今はもう秋? もうすぐ寒くなってお肌の乾燥の季節です。すなわち保湿の季節です。 その3 (皮膚科情報) | 札幌中央区の皮膚科 宮の森スキンケア診療室

診療時間
アクセス
電話番号
札幌中央区皮膚科宮の森スキンケア診療室

今はもう秋? もうすぐ寒くなってお肌の乾燥の季節です。すなわち保湿の季節です。 その3 (皮膚科情報)

保湿剤は、作用機序からモイスチャライザーエモリエントの2つに分類されます。

・・・・・・・・・・

モイスチャライザーに関しては前回説明しました。

・・・・・・・・・・

エモリエントとは、「肌から水分の蒸散を防いで肌の水分を保持し、間接的に角層の水分量を上昇させる製剤」を言います。エモリエントの中で、肌の表面を覆って水分の蒸散を抑制する成分を閉塞剤、あるいは密封剤といいます。白色ワセリンは代表的な閉塞剤の一つです。

塗布直後の角質水分量の増加効果はありませんが、白色ワセリンなどのエモリエントが皮膚の表面を覆うことによってその下の角層に徐々に水分が貯留することで角質水分量が増加します。

・・・・・・・・・・

エモリエントには、白色ワセリンの他に、白色ワセリンの不純物を除去して精製したプロペト亜鉛華軟膏ミネラルオイルオリーブオイルなどがあります。これら単独でエモリエントとして使用されるもの以外にも、天然油脂、長鎖脂肪酸、脂肪酸エステル、ラノリン、リン脂質など化粧品や保湿化粧品にエモリエントとして配合されるものもあります。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

実際使用される保湿剤の多くは、閉塞剤となる油脂性成分を含む油相としてのエモリエント、ヒューメクタント、そして水分を含む水相が乳化された乳剤性の軟膏・クリーム・ローション・ゲル・フォームなどを基剤とした製剤です。

これら保湿剤による角質水分量の増加は、ヒューメクタントと水の作用により直接的に速やかに起こり、エモリエント(閉塞剤)の効果により持続的になります。

続く。。。

・・・・・・・・・・

<13/09/2019 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>

ページトップ

Copyright © 札幌中央区皮膚科 | 宮の森スキンケア診療室