保湿のタイミング (皮膚科情報) | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

保湿のタイミング (皮膚科情報)

9月も半ばが過ぎ、すっかり涼しくなってきました。これから徐々に気温も下がり秋らしくなって行きます。そしてあっという間に冬が。。。
さて、寒くなると気になるのはお肌の乾燥です。年齢と共に、肌が乾燥するのを実感するのが早くなってきます。自分はすでに肌の乾燥を感じています。昨年よりも早いような気がします。老化?(笑)
効率的な保湿を考えると、いつ保湿剤を使用するのが良いのか?が重要になって来ます。
・・・・・・・・・・
一般的には、肌が最も潤う入浴直後が良いとされています。何故なら、肌の角層が入浴によって膨潤している時の方が、保湿剤の角層への浸透がよいからです。加えて、入浴によって皮脂が取れてしまうため、放置すれば皮膚の乾燥が進行してしまうからです。
入浴中に皮膚に吸収された水分は約10分で元の水分量に戻ると言われています。ですから入浴後10分以内の保湿剤の使用が望まれます。
しかしながら、、、実はこれには十分なエビデンス(証拠)がないようです。入浴直後と30分後の保湿剤塗布による角質水分量には大きな差はなかった、という研究結果が出ています。また同様の研究で、入浴直後と1時間後の保湿剤塗布による結果でも、角質水分量の差はなかったようです。
これは、”入浴後早いうちの保湿が角質水分量を維持するのに理想的”との考えを否定的に捉えるより、”入浴後タオルで体を拭いたら、風邪を引かないように体が冷える前に速やかに保湿剤を塗布すべし”、と別の観点で考えると良いかと思います。
・・・・・・・・・・
<20/09/2017 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>