新しいニキビ治療薬ベピオゲル(皮膚科情報) | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

新しいニキビ治療薬ベピオゲル(皮膚科情報)

この4月に発売になったばかりのニキビ治療外用薬
「ベピオゲル」の新発売記念講演会に行ってきました。
東京女子医大皮膚科教授の川島先生の講演です。

ベピオゲルと言うのは
過酸化ベンゾイル(BPO)が有効成分として含有されています。
これには強力な酸化作用があり
生じたフリーラジカルによる抗菌作用を示します。
これによりアクネ菌を抑えてくれます。
また、皮脂が貯留しつまった毛穴の角層を剥離する作用があります。
わかりやすく言うと、閉鎖されたニキビの毛穴を開き化学的にニキビを潰してくれるのです。

過酸化ベンゾイル(BPO)製剤によるニキビ治療薬は
すでに欧米では一般的に使用されていました。
日本に導入されたのは今回が初めてです。
l_bepio25_tbf15

ニキビ治療の外用剤の選択肢が増えたのは喜ばしいことであり
ニキビ治療の強力なアイテムになることを期待しています。