戦国夜話 | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

戦国夜話

自分が一番好きな小説家は遠藤周作さんです。
かなりたくさんの小説を読みました。代表作はほとんど読んだと言ってもいいくらいです。
「沈黙」や「海と毒薬」といったきわめて文学的な小説を多く手がけた一方、ユーモアに満ちたほのぼの系のソフトな小説も多くあります。
ご存知の方も多いと思いますが、遠藤周作さんはキリスト者です。踏絵に代表されるキリシタン受難の時代を題材にした小説が数多くあり、「沈黙」はその筆頭かと思います。
キリスト教が日本に伝来し布教され、そして禁教されるまでの時代は戦国時代とオーバーラップしています。特に信長、秀吉の時代です。
遠藤周作さんはキリスト者としてそんな戦国時代を非常に詳しく研究しています。
・・・・・・・・・・
「戦国夜話」を読了しました。これは小説ではありません。
この「戦国夜話」は、「武功夜話(ぶこうやわ)」という秀吉にも仕えたことのある前野家の文書を題材に、信長や秀吉をはじめ当時の人物のより現実的な実像を紹介しています。
「武功夜話」は残念ながら一等史料ではありません。信憑性は比較的薄いのですが、戦国時代とその武将たちをファンタジックに語るのに遠藤周作さんにとって好都合だったのでしょう。
この本を通して、”部下からは疎まれるほどの信長の独裁者的なのワンマン社長ぶり”、”「太閤記」のイメージとは全く違う晩年の秀吉の醜いほどの暴君ぶり”、などある意味生身の人間臭い側面を窺い知ることが出来ました。
・・・・・・・・・・
教科書にない歴史を知ることは、「最近すっかり覚えることよりも忘れることの方が多くなってしまった脳」を活性化してくれるようでした。
510KQB9CT1Li049rMdL