柳亭市馬 独演会  | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

柳亭市馬 独演会 

柳亭市馬の独演会に行ってきました。
1980年に5代目柳家小さんの門下に入り、1993年に真打昇進し4代目柳家市馬を襲名したベテラン噺家です。
凄かった。何が凄かったかって噺家としてはもちろんのこと、声の通りが凄かった。
通りの良い渋い声で聴衆を引き込みます。
なるほど、プロの歌手としてCDを出しているのも頷けます。
圧巻は最後の演目「七段目(しちだんめ)」。
「七段目」とは古典落語の一つです。
”常軌を逸した芝居マニアの若旦那は、家業そっちのけで芝居小屋に出入りしている。私生活もすっかり歌舞伎一色に染まってしまい、何をやっても芝居のセリフになってしまう”。 そんな話です。見せ所は、歌舞伎仕立ての一人芝居です。市馬師匠の通りの良い声で歌舞伎役者顔負けの台詞回しです。歌舞伎なのか落語なのか途中でわからなくなる程です。
実際歌舞伎を見るのが趣味らしく、趣味と実益を兼ねている分完成度が高いです。
さらにさらに落語が好きになってしまいました。
1012IMG_1155