新型コロナウイルスの弱点が見つかる。早くワクチン完成してくれい! | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

新型コロナウイルスの弱点が見つかる。早くワクチン完成してくれい!

7都府県に緊急事態宣言が出され、気分が滅入ってきますね。
そんな中明るいニュースも少しですが出てきてます。
世界各国が新型コロナに対するワクチン開発に取り組んでいますが、イギリスの研究施設が新型コロナウイルスの弱点を発見したとのことです。
https://www.southampton.ac.uk/news/2020/04/coronavirus-spike-glycan.page
・・・・・・・・・・
ウイルスは「スパイク」と呼ばれる、体内に侵入するためのタンパク質構造を持っています。このスパイクには吸盤のような働きがあり、ターゲットとなる細胞と結合することで体内に侵入します。
侵入したウイルスは体内に留まり、細胞内で自身を転写・複製することで増殖し、様々な症状を発現させ、さらに症状を悪化させます。しかしながら人体も黙ってはいません。体内の免疫系は侵入してきたウイルスに反応します。この「スパイク」を「異物」とみなすことで免疫システムが働き、ウイルスを除去しようとします。
ここでウイルスと体内の免疫システムとの駆け引きが始まります。ウイルスは攻撃されないように自分自身を無害と見せかけようとし、スパイクにシールドという糖鎖でできた防御コーティングを施します。このため免疫系はこのシールドのために敵なのか味方なのかわかりにくくなり、十分な攻撃ができなくなります。
イギリスの研究チームは新型コロナウイルスのスパイクのモデルを作ることに成功し、同時にシールドの構造を解明しました。新型コロナウイルスのシールドは、他のウイルスのシールドよりも「密度が低い」ことが明らかになりました。このことは人体がウイルスに対して抗体を作って機能することに対する障害が少ないことを意味します。このことは新型コロナウイルスのワクチン開発にとって非常に朗報だと言えるでしょう。
・・・・・・・・・・
世界各国が必死になってワクチン作成に取り組んでいると聞きます。
一刻も早くワクチンを完成して欲しいです。
日本の政府と財務省はケチってないで研究費を増やすよう方針転転換するべきです。
・・・・・・・・・・
<10/04/2020 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>