新型コロナウイルス肺炎のその後。う~む、やっぱり。 | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

新型コロナウイルス肺炎のその後。う~む、やっぱり。

1月17日に当ブログで報告した「新型コロナウイルス肺炎」の発症者は、中国武漢で41例、タイで2例、日本で1例でした。
1月19日に英インペリアル・カレッジ・ロンドンのチームが、新型コロナウイルスによる肺炎患者は公式発表よりはるかに多く、1700人を超えている可能性があるとの研究結果を報告しました。しかしながら不確定な部分は依然として多く、患者数は少なければ190人、多ければ4000人以上と見積もられるとのことです。いずれにしても、人から人への感染が相当の頻度で起きている可能性は否定できないと報告しています。
1月21日に、アメリカでも武漢から帰国した30代男性の感染が確認されました。
1月22日現在の段階で、中国で合計440人(死者9人)と発表がありました。
どんどん増えてます。
・・・・・・・・・・
ここで思い出されるのが、17年前に東南アジアで猛威を振るったウイルス肺炎であるSARS(重症急性呼吸器症候群)が流行した時に、中国政府の初動が鈍く、おまけに何カ月も感染者の発生の情報を出さない「情報隠し」や「情報操作」が行われ、東アジアの国々に感染が拡がり、大きな被害が出たことです。
今回も現在、SNSなどネット上での感染者のコメントを中国政府が削除したりアカウントを停止するなど情報統制を始めているようです。何やらいやな匂いが。。。う~む、やっぱり。
そして急に火消しに躍起になっているように思われます。習近平さん自ら「全力で予防・制圧する」と高らかに宣言してます。
・・・・・・・・・・
世界保健機関(WTO)は、新型肺炎が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に相当するか否かの判断などを協議する緊急委員会を22日に開催すると発表しました。
いずれにしても予防に力を入れるしかないですね。
これからインフルエンザの流行も懸念されますし、多くの中国人観光客がやってきます。
今後の動向に注目です。
・・・・・・・・・・
<22/01/2020 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>