中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が日本でも発生。 | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が日本でも発生。

中国の湖北省武漢市において、昨年12月以降、原因となる病原体が特定されていない複数の肺炎の発生が報告され、入院中の患者の検体から、新種のコロナウイルスが検出されています。
中国武漢で41例(2例死亡)、タイで2例発生し、1月16日に日本で1例の発生が確認されました。
神奈川県に住んでいる中国人が、武漢に渡航し、武漢から日本に帰国して発症したようです。
現時点では、家族間などの限定的なヒトからヒトへの感染の可能性が否定できない事例が報告されているものの、持続的なヒトからヒトへの感染の明らかな証拠はないようです。
以前のSARSもそうでしたが、怖いですね。
・・・・・・・・・・
このたび札幌市保健所より、新型コロナウイルス関連肺炎の注意喚起と、疑い例の定義と疑い例患者への対応について通知がありました。
・・・・・・・・・・
①「37.5度以上の発熱」かつ「呼吸器症状を有している」
②発症から2週間以内に、「武漢市を訪問した」又は「武漢の新型コロナウイルスの患者またはその疑いがある患者と2メートル以内での接触歴がある」
以上の①②両方を満たす。
・・・・・・・・・・
思い当たる人は、最寄りの保健所または医療機関に電話で相談し指示を受けてください。
・・・・・・・・・・
<17/01/2020 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>