ボジョレー・ヌーヴォー2019 | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

ボジョレー・ヌーヴォー2019

ボジョレー・ヌーヴォーなのかボジョレー・ヌーボーなのか正確には恥ずかしながらわかりませんが、2019年のボジョレー・ヌーヴォーを楽しませていただきました。
以前近くのスーパーで安いやつを購入し失敗しましたので、今回はデパートで高価ではありませんがそれなりのものを買いました。
・・・・・・・・・・
ボジョレー・ヌーヴォーとは、フランスのブルゴーニュ地方南部に位置する丘陵地帯ボジョレー地区で生産されるヌーヴォー(試飲新酒)仕様の赤ワインのことです。通常の赤ワインとは異なります。試飲酒であるため、通常のワインが出来上がる前に試飲できるように、ブドウの収穫後速やかに醸造してボトルへ詰め、その年の11月に出荷を済ませます。またマセラシオン・カルボニック(炭酸ガス浸漬)法と呼ばれる急速発酵技術を用いて、数週間で醸造されるのです。
・・・・・・・・・・
かつてバブル時代に、日付変更線の関係で日本で最も早く解禁されるとかで、タキシードを着たお兄ちゃんが大騒ぎでボジョレー・ヌーヴォーで大袈裟に乾杯していたニュースを冷めた目で見ておりました。今はあまり騒がれることはなくなりましたね。まあでもワインの一つとして楽しむのはワイン愛好家にとって悪くないと思います。
さて2019年のボジョレー・ヌーヴォー、もちろん熟成感は少なく軽い味わいですが、ブドウの香りがしっかりとありました。いいブドウが収穫されたのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・
<24/11/2019 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>