台風19号の残した教訓 | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

台風19号の残した教訓

先日、日本を襲った台風19号の被害はものすごいですね。巨大地震並みの被害です。
各地で堤防の決壊が相次ぎ、多くの命と財産が失われました。犠牲者の数が増えるのを見るたび胸が痛みます。
想定外で済まそうとする輩も多いですが、これから温暖化に伴って巨大台風が増えると言われています。
北海道も安心していられません。
基本的に日本は災害の多いところです。地震、台風、火山、大雨。
普段あまり考えることがありませんが、日本にはインフラの整備がとても重要だと気付かされます。
・・・・・・・・・・
甚大な浸水が起こった今をときめく武蔵小杉は、その人気ゆえに開発のスピードに治水などインフラの整備が追い付かなかったのが原因とのこと。
多摩川の堤防の決壊は、地元住民が景観が悪くなるからと堤防の整備に反対していたらしいこと。
かつて民主党政権時代に、無駄を省く大義名分でどや顔で事業仕分けを行い堤防などインフラの整備にブレーキをかけたこと。またそのころ「八ッ場ダム」は不必要だと工事が中止されましたが、政権が変わって今回いつの間にか完成していたダムのおかげで下流の利根川の氾濫を防いだといわれていること(まだ検証はされていない)。
《 しかしながら民主党政権時代より今の安倍政権の方が公共投資を減らしている現実があります。しれっと減らしているあたり「国土強靭化を推進する」とか言っているだけに実は罪深いのです。政権の考えなのか、財務省(国家の成長を無視し増税と緊縮財政を基本理念としている)の尻に敷かれているからなのか、わかりませんが 》
2006年に完成した「地下神殿」とも言われる「首都圏外郭放水路」のおかげで江戸川水系の氾濫を防いだこと。
一見お金もかかるし無駄のようにも見えますが、インフラの重要性は火を見るよりも明らかです。

首都圏外郭放水路
・・・・・・・・・・
これからインフラの老朽化が問題になると言われています。国民の命と財産を守るのは国の仕事です。「コンクリートから人へ」とか「民間にできることは民間へ」など耳障りのいいことを政府は言いますが、インフラの整備を含む公共事業を悪玉にしてはいけないと思います。
・・・・・・・・・・
<17/10/2019 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>