なつぞら | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

なつぞら

NHKの朝の連ドラ「なつぞら」を毎日みています。
いつも8時前に家を出るので、リアルタイムでは楽しめず、仕事から帰った後に録画をみています。
毎日続けてみるのは、1994年の朝ドラ(純名里沙主演の”ピアノ”)以来です。
最近は歳のせいでしょうか?明らかに共感というか感動というか、それらの基準が昔と変わって来ているような気がします。かつて「おしん」に夢中になっていた”おじさんおばさん”の気持ちがわかるような気がします。笑
なつぞらの主人公「なつ(奥原なつ)」が、女性アニメーターの草分として成長していく様を描いていくのですが、モデルとなっているのではないかと言われている実在の女性アニメーターがいるようです。奥山玲子さん(2007年没)という女性アニメーターです。この方「狼少年ケン」「魔法使いサリー」「秘密のアッコちゃん」等の作画監督をしていました。これらは子供の頃再放送を含めて夢中でみてましたので、とても身近に感じてしまいます。
わずか15分のドラマですが、仕事中も早くみたくてうずうずしてしまいます。
スピッツの主題歌もまたいいんですよねえ。

・・・・・・・・・・
<15/04/2019 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>