» 妊婦加算の迷走 | 札幌中央区の皮膚科 宮の森スキンケア診療室

診療時間
アクセス
電話番号
札幌中央区皮膚科宮の森スキンケア診療室

妊婦加算の迷走

「女性を見たら妊娠と思え」とは、女性に失礼かもしれませんが、臨床(診療の場)で女性を診察する際の最大の留意点として特に肝に銘じる言葉です。女性を診察し治療する際は、妊娠している可能性を常に念頭に置き、そして妊娠している場合は細心の注意を払って治療に当たるように、との医師として基本的なスタンスを言い表したものです。それほど女性が妊娠しているかどうかは大きな問題なのです。
普段特に内服薬を出す際、手術を考える場合など、治療が妊娠に悪影響を与えることのないよう大変気を使います。特に妊娠の初期はなおさらです。
妊婦加算という診療報酬の項目がこの春(平成30年4月)から加わりました。妊娠しているとわかった場合は、初診の場合75点、再診の場合は38点を加算するというものです。3割負担の場合、患者さんの自己負担が初診時で230円、再診時で110円の負担増となります。
医療機関側からすると、妊婦さんの治療の際に、細心の注意を払う対応とリスクを抱えることに対する対価と考えていたと思います。実際自分もそう考えていました。しかしながら視点を妊婦さん側に移すと、なんで妊娠して会計が高くなるの?という事になります。治療が難しい病気ならまだしも、妊娠は病気ではありません。少子化が問題になっているだけに、批判の声が上がりました。
個人的には、少子化のご時世ですし、この妊婦加算を見直していいのかなと思います。でも、鬼の首を取ったかのように大騒ぎで批判する某政治家に違和感も感じます。
報道では、近々妊婦加算は廃止だそうです。
・・・・・・・・・・
<17/12/2018 札幌市 中央区 皮膚科・形成外科 宮の森スキンケア診療室>

ページトップ

Copyright © 札幌中央区皮膚科 | 宮の森スキンケア診療室