三百六十五歩のマーチ | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

三百六十五歩のマーチ

愛犬がいると一日2回の散歩は欠かせません。
散歩の目的は、犬の運動や気分転換ですが、一番大事なのは、”おしっこ”と”うんち”です。中でもうんちが大切です。
・・・・・・・・・・
今年はとても寒いです。寒いと早く用を済ませて帰りたくなるのですが、なかなかうんちをしてくれないことがあります。
こんな時は、早くうんちをさせるのに「ワン・ツー ワン・ツー」と声を掛けます。これは一般的なうんちを促す掛け声のようです。
「ワン・ツー ワン・ツー」と愛犬に向かって声を掛けていると、最近「三百六十五歩のマーチ」を思い出し、脳内でヘビーローテーションが始まります。
自分が幼稚園の時に水前寺清子が唄っていた大ヒット曲です。
何故かほとんど全て、歌詞を見なくても唄えます。
家にレコードがあり、おもちゃのようなプレーヤーで毎日聴いていました。
「三百六十五歩のマーチ」ってとってもいい歌だと改めて感じてしまうのです。
・・・・・・・・・・
  『しあわせは 歩いてこない
   だから歩いて ゆくんだね
   一日一歩 三日で三歩 
   三歩進んで 二歩さがる』
  『あなたのつけた 足あとにゃ
   きれいな花が 咲くでしょう』
  『腕を振って 足をあげて
   ワン・ツー ワン・ツー
   休まないで 歩け』 
  『あなたはいつも 新しい
   希望の虹を だいている』
  『しあわせの 隣にいても
   わからない日も あるんだね
   一年三百六十五日
   一歩違いで にがしても』
  『人生は ワン・ツー・パンチ
   歩みを止めずに 夢みよう
   千里の道も 一歩から
   はじまることを 信じよう』
    【作詞 星野哲郎】
・・・・・・・・・・
曲はもちろん、素晴らしい詞だと思います。
昔のヒット曲は歌詞が素晴らしいと改めて思います。
・・・・・・・・・・
<09/12/2017 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>