お伊勢参り | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

お伊勢参り

日本に伝わる神話の伝承は、ほとんどが「古事記」「日本書紀」の記述によるものです。
神話の中で有名なのが、太陽を神格化した皇室の祖神である高天原(たかまがはら)に住む天照大御神(あまてらすおおみかみ)が出雲の大国主(おおくにぬし)大神に国を譲るように要請し、大国主大神は話し合いの中で納得し国を譲った「国譲り」の話かと思います。普通なら戦争になる場面で話し合いで解決したことが神話になるなど、「和」の精神を重んずる日本のルーツはここから来ているのかな、と思ってしまいます。話し合いと言っても相手に理性があってのことで、それだけに最近の朝鮮半島情勢が気になるところです。話がそれましたが、大国主大神から国を譲られ今の日本の基礎を築いた天照大御神を祀っているのが伊勢神宮です。そして一方の大国主大神を祀るのが出雲大社です。
・・・・・・・・・・
先日大阪で学会がありました。出席した帰りに大阪から伊勢に移動し、かねてから念願だった”お伊勢参り”をしてきました。この間クリニックを休診にさせて頂き、大変ご迷惑をおかけしましたことを改めてお詫び申し上げます。
さて、あらかじめ発売と同時にネットで乗車券を購入していた(即売り切れることしばしば)近鉄のリゾートライナー「しまかぜ」に乗って、大阪難波から伊勢に入りました。すっかり”乗り鉄”の気分です。わずか2時間弱の乗車でしたが、あまりに快適でずっと乗っていたかったです。

・・・・・・・・・・
伊勢神宮は約2千年にわたる歴史を持つ、神社本庁の本宗(格別の存在)です。また、神話に出て来る”三種の神器”の一つ「八咫鏡(やたのかがみ)」が安置されていると言われています。それだけ日本のルーツと密接に繋がる由緒正しき神宮です。日本の歴史そのものと言っても過言ではありません。
伊勢神宮は、先に述べた天照大御神を祀る内宮(ないくう)と豊受大御神(衣食住の守り神)を祀る外宮(げくう)に分かれています。この度は両方参拝してきました。いずれも日本の原風景を感じさせる神々しい美しい自然にあふれ、ヒノキの心地よい香りが漂ってきます。
この時ばかりは日常を忘れ、生かされている一人の日本人であることを再確認した次第です。

・・・・・・・・・・
<06/05/2017 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>