沈黙(サイレンス) | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

沈黙(サイレンス)

以前にも述べましたが、自分が最も好きな作家は遠藤周作です。
ほとんどの小説は読んだと思います。
その中でも「沈黙」は、日本文学の金字塔と言っても言い過ぎではないと思います。もちろん他にもたくさん優れた小説は多くあります。
・・・・・・・・・・・
遠藤文学の最高峰である「沈黙」を、アカデミー賞監督でもある巨匠マーティン・スコセッシが映画化しました。以前から上映を楽しみにしておりましたが、先日ついに見てきました。
久しぶりに重いテーマの映画を見たな、という感想です。娯楽的要素はありません。小説の世界より、リアリティのある映像で見ると当時の過酷なキリスト教迫害の様子が胸に重くのしかかってきます。
日本人の俳優陣として、浅野忠信、窪塚洋介、小松菜奈、イッセー尾形らが出ていますが、長崎奉行役のイッセー尾形が大変良かった。小説でも、長崎奉行の井上越後守は穏やかな性格でありながら理知的で威厳のある人物として描かれていますが、まさにイッセー尾形が見事に演じていました。
自分は、007シリーズなどアクション映画やミステリーが好きですが、たまには重いテーマの映画も悪くないです。笑うところは全くありません。でも見終わって時間が経過するとまた見たくなります。
・・・・・・・・・・
http://chinmoku.jp/  「沈黙(サイレンス)」公式サイト
・・・・・・・・・・
320
・・・・・・・・・・
<21/02/2017 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>