イルカの追い込み漁 | 札幌中央区の皮膚科なら宮の森スキンケア診療室

〒064-0825
札幌市中央区北5条西27丁目メディック28 3F

011-640-8180

blog
院長ブログ

イルカの追い込み漁

和歌山県太地町の追い込み漁と呼ばれる方法で捕獲されたイルカを国内の水族館が入手していることを巡って、日本動物園水族館協会(JAZA)が、加盟する世界動物園水族館協会(WAZA)から倫理規定に違反するとして除名処分にすると通告されました。
そして日本動物園水族館協会(JAZA)は、追い込み漁で得たイルカを水族館に受け入れないことを決定し世界動物園水族館協会(WAZA)に残留することを決めました。
しかし追い込み漁のどこが残酷なのか日本動物園水族館協会(JAZA)が、何度も世界動物園水族館協会(WAZA)に問い合わせても回答は得られなかったとのことです。
捕鯨やイルカ漁に関して、一部の欧米諸国はヒステリックに反対します。
牛や豚は良くて鯨は食べてはダメという論理は理解しがたいものがあります。
その国や地域の伝統や文化を理解しようとせず、自分たちはスタンダードだとばかりに価値観を押し付ける一部の欧米諸国には閉口するばかりです。
今の時代日本人が鯨を食べることはほとんどなくなりましたが、食べるなと第3者に言われる筋合いはありません。
そんなクジラを巡る世界的論争を、真正面からドキュメンタリーとして映画にしようとしている日本人映画監督がいます。佐々木芽生さんです。僕の高校の先輩です。
現在このテーマで映画製作中です。
皆さんもこの機会にクジラやイルカの問題に関して考えてみませんか。
10995749_10155199108880467_2688995123205748347_n

https://a-port.asahi.com/projects/whalemovie

クジラを巡る世界的論争描く、日本人監督初の本格ドキュメンタリー映画