» ブルーライトと光老化 (皮膚科情報) | 札幌中央区の皮膚科 宮の森スキンケア診療室

診療時間
アクセス
電話番号
宮の森スキンケア診療室 札幌中央区皮膚科

ブルーライトと光老化 (皮膚科情報)

太陽光線による光老化(シミ、しわ、たるみ等)の原因は、ほとんどが紫外線の影響によるものです。しかしながら最近は、紫外線以外のブルーライトや近赤外線によっても光老化が促進されることがわかってきました。
・・・・・・・・・・
ブルーライトとはどのようなものでしょうか。
ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことです。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、”高エネルギー可視光線”とも言われています。目に対しては、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達し、眼精疲労を引き起こすだけでなく、網膜を傷害する可能性も指摘されています。ブルーライト自体は太陽からの自然光にも含まれていますが、LED照明、パソコンやスマホのLED画面、液晶テレビ、携帯ゲーム機などから出ています。特に”パソコンやスマートフォンのLED画面”は暗いところでも見えるよう作られており、かなり多くのブルーライトが出ています。

・・・・・・・・・・
ブルーライトが肌に及ぼす影響は、波長が短くUVA並みに皮膚の深部(真皮)まで届き、皮膚のコラーゲンなどにダメージを与え、”しわやたるみの原因”となります。また、紫外線同様メラノサイト(色素細胞)を刺激し、日焼けと同様のメラニン色素の沈着、いわゆる色素沈着が起こります。しかも比較的長く残るようです。結果的に”シミの原因”になります。このようにブルーライトは”光老化(シミ、しわ、たるみ)に関与”しているのです。
これらブルーライトによる肌への影響は、まだまだ不明な点もありますが、紫外線同様に活性酸素の発生が原因であることが分かっています。
・・・・・・・・・・
紫外線は日焼け止めクリームの使用で影響をカットできますが、ブルーライトには日焼け止めクリームは効果がありません。自然のブルーライトにはお手上げ状態ですが、一番のブルーライトの供給源となっているパソコンやスマホのLED画面からのブルーライトをカットすることが光老化の予防につながります。ブルーライトをカットするメガネ(目を守るだけでなく目周囲の皮膚も保護します)、パソコンやスマホにはブルーライトをカットするフィルムも市販されています。ブルーライトを軽減するスマホのアプリもあるようです。極力避けるに越したことはないようです。
続く。
・・・・・・・・・・
<23/11/2017 札幌市 中央区 皮膚科 宮の森スキンケア診療室>

ページトップ

Copyright © 札幌中央区皮膚科 | 宮の森スキンケア診療室